牧之原市、吉田町、御前崎市、菊川市、掛川市、島田市、藤枝市、焼津市
住宅外壁塗装をお考えの方、長期間塗り替えなしの液体ガラス塗装で家を守ります。
中川建築HOME
中川建築 液体ガラス事業部
〒421-0526 
静岡県牧之原市大沢1580-2
tel.0548-52-5619
見積無料
液体ガラス塗装への思い 液体ガラス塗装ココが違う お客様の声 液体ガラス塗装 施工例 中川建築の歩み 中川建築会社案内

液体ガラス塗装の質問
お客様の声
中川建築の歩み
中川建築会社案内
液体ガラス塗装ブログ
中川建築の歴史
中川家のご先祖様は昔,江戸で侍をしていたと聞いております。
そして世の中が変わり武士が無くなってからは今の牧之原市(旧相良町)に
移り住み相良油田で役人をしていました。
相良町は田沼意次公の城下町で昔は大きな城が在ったそうです。
今は、城は在りませんが今住んでいる所は昔堀があった所で
元城町という地名で残っています。
その後、初代中川米次はこれからの時代、食べて行くには手に職を持たなければ
いけないと考え13歳から丁稚奉公に入ります。
そして30歳の頃には1人前になっていたと考えると、大正元年(1912年)頃を
創業とすれば中川建築は100年の歴史があるということになります。
二代目正次は、現在は現役を退きましたが78歳まで仕事をしていました。
二代目は昔仕事が少なかった頃は東京の浅草で造船の仕事をした事もあったそうです。

三代目正弘は、中学を卒業した時、初代がどうしても正弘を大工にしたくて、
高校なんかに行っては仕事が身に付かないと言って譲りませんでした。
そこで仕事をしながら定時制高校に通い職業訓練校にも行きながら
大工修行をしたそうです。
現在、職歴は30年、2級建築士、建築大工1級技能士、墨付け担当の棟梁です。
四代目は三代目が30歳の時に生まれ15歳で高校の建築課に入学、卒業後
中川建築で仕事をしながら職業訓練校に3年間通いました。
この時妻の美晴と出会い共に勉強します。
3年目に2級技能士を受験、妻の美晴と県の技能競技大会に出場し、
美晴が1位で自分が2位になる。
卒業後2級建築士の勉強を専門学校に通いながら勉強し、
大工4年目に受験し合格する、そして26歳で1級技能士を取得し現在に至る

妻の美晴は3年間職業訓練校で共に学び、近くの工務店で大工をしていました。
卒業後2年ほど経って大工の勉強会などに一緒に勉強をしに行くようになり、
山梨県で行われた「小さな削ろう会」の実行委員になる、
2年の準備期間を経て大会の1カ月前に結婚する。
結婚後すぐに1級建築士の勉強を開始し、2011/3/11の地震の
2ヶ月後に妊娠が分かる、妊婦にも関わらず学科と製図を1発で合格してしまい、2012年の1月1日に男の子を出産。
現在、女性で建築大工1級技能士と1級建築士の両方を併せ持つ1児の母です。
そして、将来は長男の孝太郎が5代目になる予定です。

中川建築 液体ガラス事業部
住宅外壁塗装(木、サイディング・モルタル、コンクリート、トタン)・屋根・縁側・ウッドデッキ・塀・床・壁
中川建築代表/中川正弘 広報ホームページ管理担当/中川孟
液体ガラス施工業務 一級建築士事務所 二級建築技能士 静岡県技能競技大会優秀賞 小さな削ろう会 in 一ノ瀬
〒421-0526 静岡県牧之原市大沢1580-2 tel/0548-52-5619 fax/0548-52-0839 info@4d-100.com

施工エリア(1時間以内)
|牧之原市|吉田町|御前崎市|菊川市|掛川市|島田市|藤枝市|焼津市
※施工エリア外の方も施工内容(住宅外壁塗装など)によりお受けいたします。お気軽にお問合せください。

会社概要 中川建築 リンク集 個人情報 お問合せ
Copyright c2012 Nakagawa Kenchiku. All Rights Reserved.